• 渡邊 優

今日は今までの自分の言動や固定観念を振り返っていたときに、新たなパターンに遭遇しました。

それは「男性はレベルが低い」というもの。

なぜならば、男性は利己的で野蛮だし、競争意識やプライドばかり高くて、ちっとも平和的じゃない。

だから男性はレベルが低いというものです。それは周りにいる男性に対しての目線だけでなく、自分に対しての目線もそのようになり、ときに自分を卑下さえする。このようなパターンでの意味づけでは当然そのような出来事が展開され、だから私には、競争やプライドや野蛮な出来事が起こってきたのかと合点がいきました。そのミームにいるということはそういうことなのか・・・腑に落ちたのです。


ミームを上げなければいけない。嫌なことが起こりたくない、という動機ではなく。高い見地で正しい成長をし、「私」の望む生き方をしてみたい。今はその世界を全く想像ができませんが、したい、という事だけはわかります。

最新記事

すべて表示

もう思い通りにしなくていい 何もかも

私はバツイチです。 離婚の原因は、性格の不一致、と言ってしまえばそれまでですが、やっぱり「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」の、お互いのパターンの応酬だったと思います。 男女の喧嘩のほとんどの原因がこの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」のパターンが原因の気がします。思い通りに自分のことを分かって欲しいし、理解して欲しい。思い通りの旦那、彼氏、妻、彼女であって欲しい。でも、思い

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます