top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーにいってきます。


そのセミナーの中で今年の目標を各自が掲げるのですが、この目標というもの、今まで具体的に持つことは少なかったと思います。あったとしても、今年の売り上げ目標とか、資格を取るとか、外側の何かを得るということがほとんどだったと思います。ですがこのセミナーでの目標は、今年、私はどう在るか、在りたいか、その為にはどう自分を練っていくのか。そういった内側の在り方が目標となります。そうすることによって内側の在り方が変わり、外側にも変化が生まれます。だから、内側の在り方が大切であり、そこに集中するために、目標が大事になるのだと思いました。


そう言った意味では、今まで自分個人の目標を考えたことはありませんでした。ですが私の成長には自分に集中することが最も大切なことだと最近実感しています。それだけ今まで自分に集中できていなかったからです。外側を求め、得ることに躍起になり(お金や、地位や、他者との比較での勝ち負けなど)自分のことを蔑ろにしてきたのです。そんな私だからこそ、目標は大事にしていきたい。


なぜなら、内側の在り方が自分を創っていくから。

そこからすべての現実が作られていくんです。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page