• 渡邊 優

そういえば最近、他人との比較を随分しなくなったな、と思いました。

以前はこの日記でも、仲間の日記と自分の日記を比べては、なんて自分の日記はダメなんだ。とか、少しでも自分に自信が持てた日記が書けたりすると、安心感を抱いたりしていました。比較をしては不安と安心を行き来していたのです。とても忙しなく、そんな自分が嫌で、辛かったのを覚えています。


しかし最近はその比較をしなくなったことに対してどうしてだろう?と考えてみると、自分の課題に真剣に取り組むことが大事なんだと思いました。

自分の課題に真剣に取り組めば取り組むほど、最初は他人のことが目に入らなくなります。そして更に取り組むと、他人にも自分と同じように課題があることに気づきました。とても大事な課題があることに。そしてグループセミナーや勉強会で仲間の取り組んでいる課題の話を聞いていると、明らかな違いに気づきました。比べようのない違いに。その時に初めて思いました。なんて馬鹿らしいことをしていたのだろうと。そして他人との違いを受け入れられるようになりました。


その違いとは、自分は背が低いけど他人は高い。自分は恵まれた家庭はないけど他人は恵まれている。

自分は学歴がないけど他人はある。あいつはいいよな。などなど、パターンからみたら自分のことをダメだと思ったり、不満を抱きますが、それでも自分にイエスが言えるほど、違いがあっても全然よし!と思えるようになれたのです。それはひとえに、違いが体に染み込むほどに自分の課題に取り組む他になかったのです。別の言い方をすれば、それほど他人との比較に苦しんだのです。


昔学校の先生に、「人のことはいいから自分のことをやれ!」と強く言われたのを覚えています。

本当にそうだと思う。人のことはいいから自分のことをやった方がいい。そのためにここに来ているのだから。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、