• 渡邊 優

そういえば最近、他人との比較を随分しなくなったな、と思いました。

以前はこの日記でも、仲間の日記と自分の日記を比べては、なんて自分の日記はダメなんだ。とか、少しでも自分に自信が持てた日記が書けたりすると、安心感を抱いたりしていました。比較をしては不安と安心を行き来していたのです。とても忙しなく、そんな自分が嫌で、辛かったのを覚えています。


しかし最近はその比較をしなくなったことに対してどうしてだろう?と考えてみると、自分の課題に真剣に取り組むことが大事なんだと思いました。

自分の課題に真剣に取り組めば取り組むほど、最初は他人のことが目に入らなくなります。そして更に取り組むと、他人にも自分と同じように課題があることに気づきました。とても大事な課題があることに。そしてグループセミナーや勉強会で仲間の取り組んでいる課題の話を聞いていると、明らかな違いに気づきました。比べようのない違いに。その時に初めて思いました。なんて馬鹿らしいことをしていたのだろうと。そして他人との違いを受け入れられるようになりました。


その違いとは、自分は背が低いけど他人は高い。自分は恵まれた家庭はないけど他人は恵まれている。

自分は学歴がないけど他人はある。あいつはいいよな。などなど、パターンからみたら自分のことをダメだと思ったり、不満を抱きますが、それでも自分にイエスが言えるほど、違いがあっても全然よし!と思えるようになれたのです。それはひとえに、違いが体に染み込むほどに自分の課題に取り組む他になかったのです。別の言い方をすれば、それほど他人との比較に苦しんだのです。


昔学校の先生に、「人のことはいいから自分のことをやれ!」と強く言われたのを覚えています。

本当にそうだと思う。人のことはいいから自分のことをやった方がいい。そのためにここに来ているのだから。

最新記事

すべて表示

もう思い通りにしなくていい 何もかも

私はバツイチです。 離婚の原因は、性格の不一致、と言ってしまえばそれまでですが、やっぱり「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」の、お互いのパターンの応酬だったと思います。 男女の喧嘩のほとんどの原因がこの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」のパターンが原因の気がします。思い通りに自分のことを分かって欲しいし、理解して欲しい。思い通りの旦那、彼氏、妻、彼女であって欲しい。でも、思い

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます