top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日友人が自宅に訪れた際、私のパターンが友人と自分とを比較をしている状況があったので、このパターンについて少し考えてみました。友人のプライバシーがあるので状況はお話できませんが、その比較している時の私のパターンの心情は、羨ましかったり、少し寂しかったり、ちょっぴり妬ましく思ったものでした。それは自分にはないものを持っていたり、逆立ちしてもなれないものでした。

なんでそう思うのだろうと考えてみると、やっぱり、今の自分に満足していないからなんだと思うのです。今の自分に。。


そしてこの他者と比べるパターンは自信が欲しいのだとも思います。

何かと比べて安心感や優越感を感じたり、また今回のように羨ましく、妬ましく思ったりもします。

そしてその比べる先には際限がなく、きっと求めるものも大きくなっていく。

そうすると更に今の自分には満足できなくなっていくと思うのです。


今の自分、その全てにOKを出せたらどれだけのパターンが救われるのだろう?

やっぱり、私のパターンは私が救っていきたい。そんな風に思うのでした。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page