• 渡邊 優

自分をさらけ出すのには勇気が必要だと思う。

かくいう私も、自分をさらけ出すのが苦手なタイプの人間です。


それはなぜかというと、本当の自分をさらけ出した時に、引かれたらどうしようとか、ダメなやつだと思われたらどうしよう、バカなやつだと思われたらどうしようなどと思い、躊躇してしまうのです。

いわゆる、他人の評価やジャッジを怖がっている状態です。

その状態は、「私」の本来の生き方ではないので鬱々としたストレスが溜まります。


そして何よりも、そのような他者への評価やジャッジを、今まで自分もしてきたという思いに至りました。

皮肉なことに、自分がしてきたことを一番恐れることとなるのです。

これは一つのこの世の在り方であり、私としては反省が必要です。


そしてこのような自分を責めるパターンは誰にでもあり、それはもちろん選び換え可能です。

もう他者の世界で生きるのはやめよう。

今回は徹底的に選び変えて、もっともっと本来の「私」の生き方というものを追求していきたい。

そう思うのでした。


週末には大型の台風が近づいてきます。

私は飛ばされないように亀になるつもりです。

皆様もどうぞお気をつけ下さい。




最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com