• 渡邊 優

昨日、暫く付けていなかった腕時計を出したところ、革ベルトが古くボロボロとなり砂のように崩れていました。無理もない、7年ほど放っておいたのですから。その時計はオメガのシーマスターで、当時まだ34、5歳の若造の私が持てるような品物ではなかったのです。そんな時計を見ながら当時の私の面持ちを思い出しました。それは「自慢」です。

「俺こんな時計買えるんだぜ!他と差がついたぜ!女に自慢しよう!」など、この時計を持つことによる特別感、優越感を持っていたのを思い出しました。虚栄心を満たすために、時計が自慢の道具だったのです。そんな他者への「自慢」というパターンであった事を思い出しました。


じゃあ、これからはこの時計とどんな付き合い方をしていこうかとマジマジと時計を眺め、考えていました。すると、当時では気づかなかったこの時計の持つ流れるような流線型や、磨き上げられた輝き、重厚感、色やバランスなど、その美しさに気付かされたのです。

そんな時計を見て、これはもう一つの芸術なんだと思いました。そう考えると何とも贅沢な時計だと初めて気づいたのです。買ってから10年以上経って気付くとは・・・


そしてこれからのこの時計との付き合い方ですが、これからはこの美しい時計に愛着を持って、メンテナンスしながら大切に使おう!これを選んでいこうと思いました。

大切にしたいという気持ちを大事にしながら。

最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的