• 渡邊 優

今日は散歩がてら夕陽を見にいってきました。

夕陽を見ながら「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の語りかけのワークをして、しっとりとパターンの言い分を受け止めていました。


金木犀の香りを感じながら自然の中で行うワークは一味違く、何か大きなものに包まれているかのような錯覚に陥ります。自然の力を感じながら、また一つ自分のパターンを許せて行けたらいいと思う。


最近思うのが、自分に中で起こっていることって、他人には中々分からないけど、本当の私がちゃんと理解し、受け止めていければいいのかもしれないし、寧ろそれしか出来ないのかもと思いました。


何者になる訳でもなく、ただただ自分自身を理解し支えて行く。そして新たな白パターン選び歩んでゆく。この繰り返しをゆっくりと、しっかりと行っていく。時には同じパターンが騒ぐと時もあるし、違う状況で、違うパターンが騒ぐ時もある。そんな毎日を淡々と行っていった先に、自分を信じる力、尊厳を持てるようになるんだと思うんです。


成長とは螺旋階段のようだとはよく言ったもので、一周回ってほんの少し上がる。

このほんの少しがとっても大切で貴重な体験なんだと思いました。


少しづつ、歩んでいこうと思います。




最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側