top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は散歩がてら夕陽を見にいってきました。

夕陽を見ながら「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の語りかけのワークをして、しっとりとパターンの言い分を受け止めていました。


金木犀の香りを感じながら自然の中で行うワークは一味違く、何か大きなものに包まれているかのような錯覚に陥ります。自然の力を感じながら、また一つ自分のパターンを許せて行けたらいいと思う。


最近思うのが、自分に中で起こっていることって、他人には中々分からないけど、本当の私がちゃんと理解し、受け止めていければいいのかもしれないし、寧ろそれしか出来ないのかもと思いました。


何者になる訳でもなく、ただただ自分自身を理解し支えて行く。そして新たな白パターン選び歩んでゆく。この繰り返しをゆっくりと、しっかりと行っていく。時には同じパターンが騒ぐと時もあるし、違う状況で、違うパターンが騒ぐ時もある。そんな毎日を淡々と行っていった先に、自分を信じる力、尊厳を持てるようになるんだと思うんです。


成長とは螺旋階段のようだとはよく言ったもので、一周回ってほんの少し上がる。

このほんの少しがとっても大切で貴重な体験なんだと思いました。


少しづつ、歩んでいこうと思います。




最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page