top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

そうか、と思うことがありました。

私が持っているプライドというパターン、それを許していなかったんだなと・・

そうすると、他人のプライドも、まるで自分を見ているようで鼻について何か感に触ります。それはつまり、自分の中の許せないものを、他人にも投影していたんです。

自分にしてることは他人にもする。ここにもそれがありました。


こういうことって方々に展開していて、自分が触れられたくないことは他人にも触れないし、それを隠そうともします。本来であれば自分が触れられたくないこと、デリケートなことだと思うそこに光を当てて癒していくべきところを、嫌なもの、ダメなものとして抑圧するので、パターンは更に力を増すかもしれません。ここにいるよ!苦しいよ!辛いよ!と。


まずはパターンのケアを改めて行い、もっと自分を見て、考えて行動していこうと思った瞬間でした。


私はまだまだ自分を知らない。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page