• 渡邊 優

「世界から戦争がなくならない本当の理由」

著 池上彰を読みました。


第一次大戦から第二次大戦、湾岸戦争、ボスニア紛争、内戦、テロを、現代史から見たフラットな見解で解説される内容は、非常に考えさせられるものばかりであり、相手国から見た戦争という新たな視点を与えてくれる内容でした。


特に考えさせられるのは、太平洋戦争以降の戦争において、常に戦争をリードしてきたのは敗戦国ではなく、戦勝国であったということです。


アメリカは戦争で経済が潤うという味を占めてベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争へと進んでいきました。旧ソ連は第二次大戦でドイツ軍の侵略を受け、2700万人(日本人の犠牲者が300万人と言われていますので約10倍)もの犠牲者を出したトラウマから、自国周辺に緩衝地帯を築こうと考え、東欧諸国を支配しました。東欧諸国は独立した国家運営ができず、さまざまな悲劇が生まれました。

戦争の教訓が次の悲劇を生む。実に皮肉なことでした。


私が思うに、戦争の種は全てパターンであり、恐れや怒り、プライドや欲に振り回された結果、他への侵略や資源争いへと発展しました。自分を見ていればこんな惨劇にはならなかったと思います。

私自身、他人と争い、比較するパターンは沢山あります。

「負けたくない」「下に見られたくない」「舐められたくない」そう思われたら生きていけないとパターンは思っています。

しかし、これを使うと戦いの連続で、人生がやさぐれてしまう。

何より自分自身が苦しくて生きた心地がしない。

だから、使わない。


先月の合宿で教わった言葉を思い出します。

『如何なる問題も、それを作り出したレベル、意識によって解決することはできない』

まさにそうだと思います。


そして、著者は最後にこう言います。

どうすれば同じ過ちを繰り返さなくなるのかを、我々は考え続けなければいけないと。




最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声