top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は成長したい。なぜかというと、成長して人々を救いたいなどという素晴らしい大義は持ち合わせてはいません。


しかし、私の成長したいという動機は、成長したらこうなれる、という条件から生まれる動機などではなく、胸の奥の方から湧き上がる衝動があり、その衝動に正直でありたいと思っているからです。

ましてや人間の成長というものはここまででOK、というものでもなく、永遠に続くものだとも思っています。それほど言葉では説明しづらい衝動が湧き上がってくるのです。


しかし、人間の中にある素晴らしい本当の「私」という本質は、できる限り広めて行きたいとは思っています。それは人間の内面を探究すればするほど素晴らしいと思えるし、これほど凄い世界があったのかと圧倒さえするからです。

それほど人間というのはよく出来ている生き物だと思うし、本質にある魂という崇高さに触れるほど、驚きと喜びを感じるからです。


今日は茅ヶ崎グループのセミナーです。

この3月からは2日間続けてのセミナーとなりました。頭の先から爪先、魂まで全身で感じて学び、また大きく成長したいと思います。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page