• 渡邊 優

著:大津秀一「感動を与えて逝った12人の物語」を読みました。

緩和医療という、癌の患者が最後の時を迎えるにあたり、痛みや苦痛を和らげるための医療現場で、最後まで人としてどうあるか、どうあるべきか、そんな誇り高く、強く尊厳を持った方々の物語でした。


この12人の物語には深い「感動」がありました。


お一人お一人に、他人には見えないその人だけの人生という背景があり、一見幸せそうに見えても、過去には多大な苦労があったり、また今もこうして終末を迎える自分と向き合っている。しかしそれでも自分は幸せだった。満足していると言い、周りに笑顔を絶やさず、医療現場の方々を気遣い、幸せのお裾分けをしている。


今生という人生の終末を迎え、最後まで他を思いやり「若い医者の勉強になるんだったらこの身は惜しくない」といいこの身を捧げる。そんな誇り高い「人」の生き方が散りばめられていました。


本文の中にこんなことが書かれていました。

「私には私の人生が、あなたにはあなたの人生がある。あなたにはあなたの輝きがあるはずだし、私の真似をしても仕方ないわ。あなたはあなたの素晴らしい人生をまっとうするべきなの。人には人、それぞれの人生があるわ。あなたと私の歩いている道は大きく違う。だから私のようになるのは無理よ。あなたはあなたの道を行けばいいの」ないものをねだるより、己の道を極めるべし、彼女の峻厳な人生訓であった。 本文より


ここに出てくる人たちの最後の物語は頭で考えて出来るものでは到底なく、その人そのものの心がそこには現れていました。人とはこれほどまでに強く、優しくなれるのかと感動と勇気をを貰えた内容でした。





最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ