top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

以前に比べて随分と愚痴が減ったなぁ〜と自分を見ていてふと思いました。

本来愚痴とは、パターンの持つ不平や不満や不服といったものだと思います。思い通りにならない、分かって欲しい、大切にしてほしい、そんなパターンの思いが昔に比べたら減ってきているのだと思いました。(なくなってはいません、たまに出ます)


自分のパターンの話を聞いていると、少しづつですがパターンが落ち着いてくるのがわかります。

今まで聞いてもらえなかった、分かってもらえなかった、寧ろ無視されてきた、蔑ろにされてきた、蓋をされてきた、そんな思いが少しづつほどけて、パターンの心の叫び、不平不満が少しづつ解消されてくるのでしょう。


愚痴が減ったというのは私にとって思わぬギフトでした。それだけイライラしたりストレスに感じることが減るのですから。愚痴が悪いわけではありません。愚痴が溜まるほど自分の声が聞けていないというところに問題があるのだと思います。


たまにはパターンの愚痴を自分で聞いてみるのもいい。

私は自分に対してそうありたいと思います。

だから、愚痴はあっていいもの。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page