• 渡邊 優

先日のサーフィンスクールでの出来事。

その日は私の苦手な人(自分のことが嫌い)も来る日で、早朝に海に着いてから乗り気がしない状態でした。今日は帰ろうかと考えていたときに、K先輩から波どう?と連絡が来て、「人も多くて、イマイチ乗り気がしません」と返信したところ、「それでもやりなさい」と返信がきました。

私はハッとして、「それでもやる」という選択肢があることに気がついたのです。


その後は普通に海に入り、私が思っていたほど自身のパターンも騒がずに、少し気を使いながら無事にスクールは終了しました。


その後K先輩と会い、背中を押してもらったお礼を言いました。

「あの時背中を押してもらわなかったら帰っていました。それでもやらなきゃダメなんですね。先輩は僕の弱さを分かってるんですね。ありがとうございました」と。そうしたらK先輩は、「そうだよ、どこに行っても色んな奴がいて同じだから。引いちゃダメだよ」と言われました。


私のパターンはあれこれ言い訳や理由をつけて、やらない選択をしようとしていたのです。

しかし、強くなりたい。と思っている私からしたら、その選択は間違いで、正々堂々とした真の強さは身につきません。(見かけの堂々さではないですよ!)


「それでもやる」という選択の中に、意志力や行動力という神の資質を意識的に使い、自らを前に進めるという新たな体験でした。


今回は先輩の助言もあり、「強さを鍛える」という本当に良い体験をさせて貰いました。

K先輩に感謝です。

最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう