top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日のサーフィンスクールでの出来事。

その日は私の苦手な人(自分のことが嫌い)も来る日で、早朝に海に着いてから乗り気がしない状態でした。今日は帰ろうかと考えていたときに、K先輩から波どう?と連絡が来て、「人も多くて、イマイチ乗り気がしません」と返信したところ、「それでもやりなさい」と返信がきました。

私はハッとして、「それでもやる」という選択肢があることに気がついたのです。


その後は普通に海に入り、私が思っていたほど自身のパターンも騒がずに、少し気を使いながら無事にスクールは終了しました。


その後K先輩と会い、背中を押してもらったお礼を言いました。

「あの時背中を押してもらわなかったら帰っていました。それでもやらなきゃダメなんですね。先輩は僕の弱さを分かってるんですね。ありがとうございました」と。そうしたらK先輩は、「そうだよ、どこに行っても色んな奴がいて同じだから。引いちゃダメだよ」と言われました。


私のパターンはあれこれ言い訳や理由をつけて、やらない選択をしようとしていたのです。

しかし、強くなりたい。と思っている私からしたら、その選択は間違いで、正々堂々とした真の強さは身につきません。(見かけの堂々さではないですよ!)


「それでもやる」という選択の中に、意志力や行動力という神の資質を意識的に使い、自らを前に進めるという新たな体験でした。


今回は先輩の助言もあり、「強さを鍛える」という本当に良い体験をさせて貰いました。

K先輩に感謝です。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page