top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は毎月通う床屋の日でした。

穏やかな1日の中の一コマ。

希望のヘアースタイルは前回と一緒で!

もうそれだけで通じる関係です。3ヶ月前の思い通りじゃなきゃ嫌だ、のパターンが騒いだ日を思い出しました。思い通りとは思い通りの髪型。


信頼関係が構築されると多少いつもと違ってもまあいっか!となってしまう。

それは妥協などではなく、一日中立ち仕事で疲れているのだろう。などと想像しての本心からのまあいっか。多少違って見える髪型も、理髪師さんも、もうこれで十分OKと思えるのです。

変な気遣いも、余計な言葉もなく一生懸命散髪してくれた理髪師さんに感謝です。


いつもよりちょっと深い刈り上げも、これはこれで愛嬌があっていいんだと思う。


そんな平和な一日の一コマ

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page