• 渡邊 優

先週床屋さんにいきました。

口頭で、こんな感じでお願いしますと伝えるのって難しい・・

案の定、イメージとは全く違うスーパー刈り上げとなり「思い通りの髪型じゃない!」とパターンが騒ぎました。それは理髪師さんに対しての「思い通りじゃなきゃ嫌だ!」のパターンだと思い当たったのです。


思い出すと、この「思い通りじゃなきゃ嫌だ」のパターンで行動した時は体や語尾に力が入り、相手に対して圧をかけて話していたように思います。圧をかけて思い通りにしようとしていたんです。


しかし今回はその場で「もう思い通りにしなくてもいい」を選びました。

そうするとあら不思議、自分の希望を淀みなく伝えることができ、理髪師さんも気持ちよく受け取ってくれて、丁寧にカッコよく散髪してくれました。


今回改めて気付かされたのは、白パターンでの会話にはお互いにストレスや負担がないということ。

全くと言っていいほど淀みがない会話には(お世辞や圧など、きっとお世辞にも相手を思い通りにしようとする意図があるのかも)気持ちの良い透明な関係が築けるのだと思います。

こういう関係を築いていけたらきっと良い社会になっていくんだろうと思いました。


圧をかけて何かをする、させるという場面は社会では多いように思います。それは上司からの指示や取引先からの依頼など多岐に渡ると思いますが、この圧をかけて行うやり方は、自分にも、相手にも非常に負担(ストレス)になるのがよく分かりました。


少しでもこの関係を断ち切れるよう、まずは自分から変えていこうと思います。

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問