top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日はライフセービングに行ってきました。

20分ごとに交代で海水浴客をパトロールして見回るのですが、とても平和だな〜と思いました。


もちろん目を光らせて事故がないかを監視しているのですが、若い子たちが向こうのブイまで泳いだり、年配の方がビーチで読書をしたり、親子連れが子供たちを泳がせたり、小さな子がボディーボードをしたり、浮き輪で浮いていたり、ビーチバレーをしたりと、みんなが楽しそうに遊んでいる姿を見て、とても平和だと思ったんです。


世界では戦争や色々な事が起こっているのだけれど、海でそんな姿を見ていると、今ある平和に感謝の気持ちが湧いてきました。もしかしたら平和とは、とても貴重な事なのかもしれません。

だからこそ、今ある平和に感謝しつつ、しっかりと自分のやるべきこと(自分を見て白パターンを選ぶ)をやらなければと思いました。


黒パターンでいるとき、この平和とは全く違うところにいます。

自分が一番大変で、一番苦労していて、一番可哀想で、分かってもらえず、苛々して、腹が立って、ムカついてと、数え上げたりキリがないのですが、とにかく自分にしか目が行かないので、平和になんて興味がありません。やもすると平和にやっかみすら覚えます。全て壊れてしまえばいいのにと...


だからこそ自分の中に平和を作ってそれを大事にする。そうすれば外の平和も大事にできるのだと思いました。


しっかりと自分のやるべきことやっていこう。楽しく。平和に。


最新記事

すべて表示

それもアリ

やっちゃった。間違えた。失敗した。 そんなことってあると思います。以前の私は、失敗しないよう、間違わないように必死に守りを固めていた節がありました。それは「怒られたくない、失敗して白い目で見られたくない」というパターンですが、間違っちゃった自分や、やっちゃった自分も、それはそれでアリだと思えるのは、なんだか心に余裕があっていいと思います。 パターンにとって恥ずかしいことでも、どんなに情けないことで

あっぶね!パターンだった

この一週間、パターンを調教するにあたって戦い続けてきたわけですが、それが、パターンがパターンを調教していたということがわかりました。「自分は弱い」というパターンに対して、「強くならなければいけない」というパターンが戦っていたわけです。先生に教えてもらいました。 朝起きていきなり戦っていたわけですから、通りで朝からイライラしていたわけです。 そして改めて本当の「私」の立ち位置、スタンスを改めて確認し

やり続ける、それが普通になるまで

自分を見ていて思うことがあります。 パターンは強いなと。元来黒いエネルギーなので強いことは強いのですが、思考を乗っ取るほどのパターンの言い訳やら思いは本当にとめどなくあり、黙りなさい等々を連発して都度パターンから私へと意識を戻しています。 それはまるで合戦のようで、私かパターンかの主導権争いです。 ここは負けられない戦いです。優しさでも、理解でも手懐けられなかった私の暴れ馬たち。 今思えば当然かと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page