top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

早いもので師走に入り、今年も残りわずかとなりました。

私は毎朝波チェックをしているので、そのついでに天気の良い日は毎朝富士山を見ています。

日本の霊峰と言われるその佇まいは、おおらかさ、力強さ、生命力、優しさ、美しさ、そんなことを連想させます。その富士山ですが、ここ10年ほど、見たこともない早さで今年は雪化粧をしました。

初雪は10月中旬、それから雪は消えることなく、今日に限っては更に雪が増えていました。

しかし去年に限っては、12月の年末になってやっと雪が降ったほどです。

やっと普通の気候に戻ってきた感があります。


コロナのお陰なのか、地球活動を専門にしている学者によると、経済活動が一時的にせよ止まったことで地球が冷やされ、温暖化が少し緩んだ。二酸化炭素濃度も徐々に戻りつつあるとのことです。


意図的なのか、偶然なのか、それは定かではありません。

ただ、毎日海と富士山を観察していると、この変化は非常に嬉しく、安心できます。

以前は海や富士山がどこか不自然で、自然が悲鳴をあげているように見えていました。それがいつも通りの大きくて雄大な富士山と海に戻りつつある。


コロナのプラスの面を垣間見た気がします。



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page