• 渡邊 優

早いもので師走に入り、今年も残りわずかとなりました。

私は毎朝波チェックをしているので、そのついでに天気の良い日は毎朝富士山を見ています。

日本の霊峰と言われるその佇まいは、おおらかさ、力強さ、生命力、優しさ、美しさ、そんなことを連想させます。その富士山ですが、ここ10年ほど、見たこともない早さで今年は雪化粧をしました。

初雪は10月中旬、それから雪は消えることなく、今日に限っては更に雪が増えていました。

しかし去年に限っては、12月の年末になってやっと雪が降ったほどです。

やっと普通の気候に戻ってきた感があります。


コロナのお陰なのか、地球活動を専門にしている学者によると、経済活動が一時的にせよ止まったことで地球が冷やされ、温暖化が少し緩んだ。二酸化炭素濃度も徐々に戻りつつあるとのことです。


意図的なのか、偶然なのか、それは定かではありません。

ただ、毎日海と富士山を観察していると、この変化は非常に嬉しく、安心できます。

以前は海や富士山がどこか不自然で、自然が悲鳴をあげているように見えていました。それがいつも通りの大きくて雄大な富士山と海に戻りつつある。


コロナのプラスの面を垣間見た気がします。



最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で