top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンはよく差別します。私のパターンもそうです。

自分の方が優れている、上だ、あの人の方が下だ、あの人はきっとこうだ、そうに違いない、そんな風に決めつけて差別しています。しかし、一番差別しているのは自分自身にではなかろうかと思いました。


なかなか思い通りにならない自分、理想と違う自分、人と比べて同じようにできない自分、そんな自分をどこかダメだと思ったり、自分にイライラしたり、腹が立ったり、けどどうすることもできない、そんな認められない自分にイラついて差別しているのだと思うんです。

この自分を差別するパターンは、思っているよりも根が深いのだと思いました。


自分にやっていることはここでも、他人にもするのだと思います。自分に対するやるせない思いを他人に向け、同じように接するのだと思いました。


まずは自分から。そこが原点なのだと思います。


最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

ความคิดเห็น


bottom of page