• 渡邊 優

著ブレディみかこ、「僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー」という本を読みました。

テーマは人種差別。イギリスで結婚、出産し、著者の息子が実際に経験した東洋人という人種差別に対して、どのように感じ、どう成長して行ったかのリアルな記録でした。


その中の一節に、「差別はいけないと教えることが大事なのはもちろんなんだけど、どの差別がいけない、っていう前に、人を傷つけることはどんなことでもよくない」という、母が息子に教える内容がありました。

これって・・・他者を差別することもそうですが、自分の中にある、パターンを差別することにもつながるなと思いました。「パターンを傷つけることはどんなことでもよくない」ということと。


確かに自分にダメ出しをして、自分を責めることは往々にしてあります。

しかし自分を傷つける人間は、他人も簡単に傷つけるものです。


まずは自分から。という言葉の本質を見た気がしました。


最新記事

すべて表示

思い通り

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。 外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。 この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパター

個人セッション

今日は久しぶりにカウンセリングの先生との個人セッションでした。 ここ1ヶ月ほど悶々としていたことが整理できてよかったです。この悶々としてきたパターン、1ヶ月ほど一人相撲をとっていたのですが、全く解消されずに今日に至ったのでした。その悶々とするパターンというのが「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」というものだったのです。 まだしっかりと向き合っていないためザックリとですが、このパターンの持つ思い通りの自

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com