• 渡邊 優

無事盛岡から帰ってきました。

盛岡で共に学んだ仲間たちは、初対面にも関わらずどこかお互いに信頼関係があり、安心感を覚えます。

この学びの特徴だと思います。

それはきっと「自分を開示する、晒す」という勇気ある行動をお互いが理解し、互いに受け止め、本当の優しさや強さを身につけていってるからだと思います。


また終始笑顔の絶えない盛岡のセミナーは、それ自体が癒しや喜びとなり、きっと次お会いする時は、お互いに成長していてまた違う側面を見せ合い、笑い合っているのだろう。

そんなことを考えさせられました。


また今まで茅ヶ崎、沖縄、盛岡と3クラスで学ばせてもらいましたが、盛岡にしかない特筆すべきは特徴がありました。

それは女子力の高さ!極端に女子力が高いのです。

お茶受けの紙から始まり、何気ない所作や周りへの気遣い。

そこには普段では味わうことのない、日本的な女性の繊細さがありました。

こういうのを、大人の女性というんだろう。そんな風に思って見ておりました。

色々と刺激になり、また落ち着いた雰囲気でのセミナーは本当に良かったです。


また行きますので、その時はよろしくお願いします。

盛岡のみなさま、ありがとうございました。





最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう