• 渡邊 優

尊厳について考えていました。

以前、私の先生から、プライドではなく、尊厳を持ちなさいと言われたことがあってからです。

プライドはペラペラ(薄い)だからと。

正直、私はプライドが高い、その分脆くて傷つきやすく、このプライドで苦しむこともしばしばでした。その私に、プライドではなく尊厳を持ちなさいと。

意味はわからなかったのですが、非常に心に響いたのを覚えています。


家に帰って早速(尊厳)を調べたところ、wikiには尊厳死や個人の尊厳などと書かれていました。

しかし私には抽象的すぎていまいちピントこない。


そこでまた先生に尊厳とはについて聞いたとき、両親も、友人も、お金も、家も、何もかもなくなって最後に残ったもの。それが尊厳だと教わりました。


まだピントはこなかったけど、何となくわかる。この胸の奥にあるもの。

生命、生命力。力強く、暖かい、意思力と行動力に溢れたもの。

思考でも、感情でもない、この生命感を頼りに生きていくことが本筋なのかもしれないと思いました。


尊厳についてはまだまだ考えていきます。

最新記事

すべて表示

やっぱり、まずは自分から

朝夕のお祈りの際に、自分以外の人類の感謝をこの地球や日本の土地に伝えているのですが、心の底からそう思えるようになるまでに些か時間がかかりました。 それは本当の意味で自分が満たされていないと、純粋な思いからの他を思う感謝の気持ちには中々なれないからだと思うのです。まずは自分自身の闇を愛で満たしてからじゃないと他を思う純粋な思いというのは育ってこないのだと思いました。それは自分自身が持っている、嫉妬や

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com