• 渡邊 優

先日母親から蟹が届きました。なんと、誕生日だから食べなさいとのこと!

誕生日に何かを母親から貰うのはもう何十年も昔のことのように思います。ありがたいです。

そして両親とこのような関係になれたことも本当に嬉しく思います。


そんなこともあり家族について色々と考えていました。それは私にとっての家族とは、一番色々なことを学ぶ関係性なのかもしれないと思うのです。

両親に対して憎しみや恨みという感情を抱き、逆らい続けた時もあったし、それゆえに苦しみ、七転八倒した時もありました。また希薄な関係性という孤独から怒りのエネルギーへと転化し、負のエネルギーで突き進むという辛さもありました。


それは時を経つにつれて強くもなり、どうにもなくなった時に初めて自分と向き合うというキッカケにもなったのです。そこにあった憎しみや恨み、怒り、悲しみ、寂しさ、孤独感、その全てと向き合い、受け入れて初めて、許すこと、許されること、認めること、理解すること、受け入れること、受け入れられること、そのようなことを学んでいったのだと思います。

一般的にはびっくりされるようなことまで、その全てが自分と向き合うという手助けにもなったのです。そうまでしないと自分自身とは向き合えなかったというのが事実だったのです。


そう考えると家族とは、成長の一番の手助けにもなっているのだと思いました。

苦しかったこと、辛かったことの全てが今では思い出となり、誕プレまで送ってくれる両親に本当に感謝です。ありがとう!

最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ