• 渡邊 優

先日母親から蟹が届きました。なんと、誕生日だから食べなさいとのこと!

誕生日に何かを母親から貰うのはもう何十年も昔のことのように思います。ありがたいです。

そして両親とこのような関係になれたことも本当に嬉しく思います。


そんなこともあり家族について色々と考えていました。それは私にとっての家族とは、一番色々なことを学ぶ関係性なのかもしれないと思うのです。

両親に対して憎しみや恨みという感情を抱き、逆らい続けた時もあったし、それゆえに苦しみ、七転八倒した時もありました。また希薄な関係性という孤独から怒りのエネルギーへと転化し、負のエネルギーで突き進むという辛さもありました。


それは時を経つにつれて強くもなり、どうにもなくなった時に初めて自分と向き合うというキッカケにもなったのです。そこにあった憎しみや恨み、怒り、悲しみ、寂しさ、孤独感、その全てと向き合い、受け入れて初めて、許すこと、許されること、認めること、理解すること、受け入れること、受け入れられること、そのようなことを学んでいったのだと思います。

一般的にはびっくりされるようなことまで、その全てが自分と向き合うという手助けにもなったのです。そうまでしないと自分自身とは向き合えなかったというのが事実だったのです。


そう考えると家族とは、成長の一番の手助けにもなっているのだと思いました。

苦しかったこと、辛かったことの全てが今では思い出となり、誕プレまで送ってくれる両親に本当に感謝です。ありがとう!

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、