top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は昔、勉強が大嫌いでした。

面白くないし、楽しくもないし、やらされている感満載で、授業中も爆睡で、早く終わればいい、とさえ思っていました。

しかし今は、心について、魂について、カウンセリング について、霊性について学ぶことがとても好きです。それはまるで哲学を学んでいるようで、真理をいつも教えてもらっている気がします。


どうしてこのように学ぶことが好きになれたか?を思い返すと、今でも覚えているあの感覚「なんなんだ?なんだこの世界は・・・いったい自分に何が起こっているんだ?」自分の中の不快感や苛立ちが、一気に溶けて無くなったあの感覚は今でも忘れられません。そんな大きなパラダイム転換が、私の中で起こったのです。

その日からです、この自己探究という非常にマニアックな世界に魅せられたのは。

今では、ただ学びたい、一生を掛けて学んでいきたい、そんな衝動が、腹の底から湧いてくるのです。

そんな心の学び、ハマる人にはハマるんだと思います。


そんな学びですが、今日はこれから今年初のグループセミナーです。

全身で浴びるように、学んでこようと思います。

幸い天気も良く、良い勉強日和です。

では、行って参ります。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Kommentarer


Kommentarsfunktionen har stängts av.
bottom of page