• 渡邊 優

私から見た女性って、とても強い存在です。

まず我慢強い、忍耐強い、自分を後回しにできる、もう私の理解を超えた強い存在です。

そして母性、我が子を思う暖かく柔らかな心持ちや眼差しは、男性にはない素晴らしい特徴だと思います。そもそも女性が男性を生む時点で、全く頭が上がらないのも肯けます。


そして最近では女性の活躍する場が広くなってきいる気もします。(まだまだですが)

本来女性が持つ広くて明瞭な視点は、これからの時代には非常にマッチしていると思いますし、女性特有の柔軟性も、この変化の時代には非常に有用になると思います。


私が学んでいる魂の道場も、私以外全員女性ですし、バレエもそうだ・・・

その場でいつも思うのは、内面は男性よりも女性の方が断然強い。男性は心がポキンと簡単に折れやすいのですが、女性は粘り強く、地道に努力を繰り返す強さがあるのです。そんな女性達にはいつも感化を受けています。


これからの時代、女性が前に出て、男性が裏方に回るくらいが丁度いいのかもしれないと思いました。微力ながら、私も力になれたらいいなと思います。


左が日本の内閣、右がフィンランドの女性首相(34歳)と閣僚、右側は仕事がすごく出来そうだ!



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で