top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

全ては動き、変化している、世の中も自分も。


パターンでいるとき、周りの変化や自分の停滞に気づくことができません。

それほど近視眼的になって何かに囚われ、自分も周りも見えなくなっているのだと思います。

だからパターンは、どこか閉塞感を感じたり、息苦しさや重さを感じるのだと思います。きっとそれが生き辛さに繋がるのだと思いました。


私は最近、この世界の全てが動いていることに目がいきます。それは一時たりとも止まることが無く、一定の法則に従ってこの宇宙全体が善き方へ動いているのだと思いました。ですから自分が停滞したり、その動きに逆らうとき、それは苦しさや辛さとして現れるのだと思います。

そう考えると人間の力なんてちっぽけなもんで、どう足掻いたってこの流れに逆らうことはできないのですから。ですから、それほどダイナミックで力強い動きが後押ししているとも言えます。


この流れに乗って、しっかりと自分を善き方へ変化させるいいタイミングなのだと思いました。


良い変化を起こすため、今日も選ぶものを選んで、前に進め。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page