• 渡邊 優

努力すること。

この努力について改めて考えてみました。仕事での努力・・・辛くて苦しいイメージしかない・・・

スポーツ(体育)勉強、どれも面倒臭く楽しいイメージが湧いてこない・・・これは黒パターンでのイメージ(マイナスの意味づけ)じゃあプラスの良きイメージってどんなこと?そう考えた時のプラスの意味づけが、夢や目標のため、前に進むため、成長のため、生きると言うこと自体が努力かも。今の自分にとっての努力の意味づけですが、きっとこの先には、家族のためや誰かの支えのため、地域のため、世の中のため、そうやって自分以外へと努力の世界が広がっていくんだろうと思うのです。

それはどちらが正しいとかではなく、当然の道のりであり、きっと誰しもが通る道なのだと思います。この道をすっ飛ばしていくとどうしても無理が生まれ、自分を蔑ろにしたツケがまわり、苦しさや辛さが生まれると思います。それはやっぱり純粋な思いからでの他への努力ではないからだと思うんです。邪な思いとまでは言わないまでも、自分以外の誰かにする時って、どこか自分のためにやっていたりする。好かれるため、嫌われないため、いい奴だと思われたい、愛されたい、大切にされたい、しかしそう思われなかった時、そう扱われなかった時に不満や怒りや苛立ちを覚え、他への努力が苦しみへと変わっていく。

だからこそすっ飛ばさずに、自分のための正しい努力が大切なのだと思います。

この正しい努力を、根気強く続けていこうと思います。



最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価