• 渡邊 優

昨日の勉強会は今までとは少し違った勉強会となりました。

今まで一緒に学んできた仲間だからこそ、遠慮せずに正直に自分の思っていることを言ってみる。

今までのようにただ共感する、という仲ではない、本音でぶつかっていくという、波風を恐れないで正直な関係性を構築していこうという手本を見させてもらいました。

これは、グループにとって大きな変化なのだと思います。


それは気づいていないパターンに気づけたり、逃げていた自分と向き合わせたり、パターンからしたら辛いことかもしれないけど、確実に前進する内容だったと思います。

私自身も帰ってから思うところがありました。


この勉強会のいいところは、そういった他者からいい刺激をもらえるところだと思います。

それは誰かと比べるのではなく、もっと自分もちゃんと向き合おう、保身になるのはやめよう、自分も頑張ろうと、純粋に思えたことでした。


一人ではない、仲間と学ぶからこそ騒ぐパターンと感情。

そこから自分は何を学ぶのか。それは私の課題でもあり、皆んなの課題なのだとも思いました。


前進あるのみ。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。