• 渡邊 優

自分はダメだ、自分には力がない、才能がない、センスがない、こういったパターンの声を克服するために頑張って生きてきたと思います。

それは自分はダメだ、できない、センスがないと言いながら、ブレーキを踏み、しかしそんな自分ではダメだと言い聞かせながらアクセルを踏むという矛盾した状態でした。

あらゆるエネルギーを消耗し、実際に疲弊していたと思います。特に仕事の場では仕方なくやる、我慢してやる(生活のため、お金のため)という状態も多かったと思います。


しかし、パターンを許し、選び変えて行動するということは、パターンを受け入れた上で努力する。そこには無理や強制がなく、ブレーキを踏むという状態を和げているのだと思います。だから無理がないのだと。この無理がない状態というのが、心身を健康にさせるのだと思いました。ストレスを軽減させる。


これは一言で言うと、「克服するのではなく、受け入れる」厳密に言うとパターンを受け入れる。この新たなあり方を知らなかった時は本当にヘロヘロでした。

思い通りにならない現実や、理想と違う自分にいつもストレスを感じ、疲れていたのだと思います。


克服するのではく受け入れること、そこからが本当のスタートのだと改めて思うのでした。

最新記事

すべて表示

思い通り

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。 外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。 この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパター

個人セッション

今日は久しぶりにカウンセリングの先生との個人セッションでした。 ここ1ヶ月ほど悶々としていたことが整理できてよかったです。この悶々としてきたパターン、1ヶ月ほど一人相撲をとっていたのですが、全く解消されずに今日に至ったのでした。その悶々とするパターンというのが「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」というものだったのです。 まだしっかりと向き合っていないためザックリとですが、このパターンの持つ思い通りの自

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com