• 渡邊 優

自分はダメだ、自分には力がない、才能がない、センスがない、こういったパターンの声を克服するために頑張って生きてきたと思います。

それは自分はダメだ、できない、センスがないと言いながら、ブレーキを踏み、しかしそんな自分ではダメだと言い聞かせながらアクセルを踏むという矛盾した状態でした。

あらゆるエネルギーを消耗し、実際に疲弊していたと思います。特に仕事の場では仕方なくやる、我慢してやる(生活のため、お金のため)という状態も多かったと思います。


しかし、パターンを許し、選び変えて行動するということは、パターンを受け入れた上で努力する。そこには無理や強制がなく、ブレーキを踏むという状態を和げているのだと思います。だから無理がないのだと。この無理がない状態というのが、心身を健康にさせるのだと思いました。ストレスを軽減させる。


これは一言で言うと、「克服するのではなく、受け入れる」厳密に言うとパターンを受け入れる。この新たなあり方を知らなかった時は本当にヘロヘロでした。

思い通りにならない現実や、理想と違う自分にいつもストレスを感じ、疲れていたのだと思います。


克服するのではく受け入れること、そこからが本当のスタートのだと改めて思うのでした。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。