top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分はダメだ、自分には力がない、才能がない、センスがない、こういったパターンの声を克服するために頑張って生きてきたと思います。

それは自分はダメだ、できない、センスがないと言いながら、ブレーキを踏み、しかしそんな自分ではダメだと言い聞かせながらアクセルを踏むという矛盾した状態でした。

あらゆるエネルギーを消耗し、実際に疲弊していたと思います。特に仕事の場では仕方なくやる、我慢してやる(生活のため、お金のため)という状態も多かったと思います。


しかし、パターンを許し、選び変えて行動するということは、パターンを受け入れた上で努力する。そこには無理や強制がなく、ブレーキを踏むという状態を和げているのだと思います。だから無理がないのだと。この無理がない状態というのが、心身を健康にさせるのだと思いました。ストレスを軽減させる。


これは一言で言うと、「克服するのではなく、受け入れる」厳密に言うとパターンを受け入れる。この新たなあり方を知らなかった時は本当にヘロヘロでした。

思い通りにならない現実や、理想と違う自分にいつもストレスを感じ、疲れていたのだと思います。


克服するのではく受け入れること、そこからが本当のスタートのだと改めて思うのでした。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page