top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日ある方の話を聴いている時に、この話、ちょっと重いなと感じました。

どうして重いんだろう?と考えてみると、そうか、自分には偏見があるのだと思ったのです。

先入観というべきか、偏ったものの見方や考え方、自分とは違うもの、近寄り難いもの、そのように感じているのだと思ったのです。


そしてこの偏見というもの、されたことあるかな?と考えた時、うん、あるなと思いました。

そしてこの偏見というものを中立ワークで考えてみました。


《偏見》

ー 先入観、偏った見方考え方、自分と違うもの、近寄り難いもの、苦手なもの、パターンの目線


0 ただ一つの体験、絶対ではない


+ 人との違いを知る、自分に偏見があることを知る、偏見された人の気持ちがわかる、世間には偏見があることを知る、自分の世界を創ることの大切さを学ぶ


私もそうですが、きっと世間では色んな偏見に満ちていて、いろんなジャッジがされているのだと思います。だからこそ、自分の哲学や世界を創ることがどれだけ大切かと、改めて気付かされる出来事でした。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page