top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近、仲間について考えています。

私の以前の定義では、一緒に飲みに行ったり、食事に行ったり、誰かの話や何かの話で盛り上がり、自分を認めくれていて、お互いを受け入れているような存在。

この受け入れているような・・・部分をよく見てみると、パターンが受け入れている。受け入れられている。というところに行き着きます。

そうなんです、パターン同士がお互いを受け入れ、安心出来ている状態が、一般的に言う「仲間」だったのです。他人を使って自分のパターンを埋めている、自分を使って他人のパターンを埋めている状態だったんです。相互依存といわれる状態です。

この状態を何十年間と、疑うことなく信じてやって来ました。


では、本来の仲間とはどういう存在か。

自分が受け入れられるとかはどうでもよくて、自分が相手のことをどれだけ本気で考えられているか。

仲間のことを本気で想い、本当のことを告げられているか。そこでたとえ受け入れられなくても、拒否されても、相手のことを本気で想い、間違いや向かうべき先を告げられるか。という想いとその行動が取れる関係。

上部だけではない、正直で純粋な関係。

正直で純粋な分、誤解や軋轢がもしかしたら生まれるかも知れないけども、今の私には、こういう関係性で仲間を作っていきたい。そう思います。



最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page