• 渡邊 優

最近、仲間について考えています。

私の以前の定義では、一緒に飲みに行ったり、食事に行ったり、誰かの話や何かの話で盛り上がり、自分を認めくれていて、お互いを受け入れているような存在。

この受け入れているような・・・部分をよく見てみると、パターンが受け入れている。受け入れられている。というところに行き着きます。

そうなんです、パターン同士がお互いを受け入れ、安心出来ている状態が、一般的に言う「仲間」だったのです。他人を使って自分のパターンを埋めている、自分を使って他人のパターンを埋めている状態だったんです。相互依存といわれる状態です。

この状態を何十年間と、疑うことなく信じてやって来ました。


では、本来の仲間とはどういう存在か。

自分が受け入れられるとかはどうでもよくて、自分が相手のことをどれだけ本気で考えられているか。

仲間のことを本気で想い、本当のことを告げられているか。そこでたとえ受け入れられなくても、拒否されても、相手のことを本気で想い、間違いや向かうべき先を告げられるか。という想いとその行動が取れる関係。

上部だけではない、正直で純粋な関係。

正直で純粋な分、誤解や軋轢がもしかしたら生まれるかも知れないけども、今の私には、こういう関係性で仲間を作っていきたい。そう思います。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で