• 渡邊 優

最近、仲間について考えています。

私の以前の定義では、一緒に飲みに行ったり、食事に行ったり、誰かの話や何かの話で盛り上がり、自分を認めくれていて、お互いを受け入れているような存在。

この受け入れているような・・・部分をよく見てみると、パターンが受け入れている。受け入れられている。というところに行き着きます。

そうなんです、パターン同士がお互いを受け入れ、安心出来ている状態が、一般的に言う「仲間」だったのです。他人を使って自分のパターンを埋めている、自分を使って他人のパターンを埋めている状態だったんです。相互依存といわれる状態です。

この状態を何十年間と、疑うことなく信じてやって来ました。


では、本来の仲間とはどういう存在か。

自分が受け入れられるとかはどうでもよくて、自分が相手のことをどれだけ本気で考えられているか。

仲間のことを本気で想い、本当のことを告げられているか。そこでたとえ受け入れられなくても、拒否されても、相手のことを本気で想い、間違いや向かうべき先を告げられるか。という想いとその行動が取れる関係。

上部だけではない、正直で純粋な関係。

正直で純粋な分、誤解や軋轢がもしかしたら生まれるかも知れないけども、今の私には、こういう関係性で仲間を作っていきたい。そう思います。



最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com