top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

不安......誰にでもあって、誰もが経験したことのある感情。どちらかといえば、嫌だと思う感情かもしれません。ですがそんな不安にもプラスの意味づけがあるのでは???そんなことを思い、不安について考えてみました。


不安とは…

ー 

疲弊する、周りが見えなくなる、囚われる、飲み込まれる、病気になるかも、辛い、苦しい、しんどい、真っ暗になる


0 ただ一つの体験、絶対ではない、人による、


自分を見るキッカケ、人の気持ちがわかる、誰にでもあるもの、理解できる、受け止められる、自他に寄り添える、人に優しくなれる


確かに不安を知らないと、他人の不安な気持ちがどんなものか想像もできないし、わからないかもしれません。そして不安という感情に対してマイナスの意味づけだけだと、他人の不安を受け止めるのがしんどいかもしれないと思いました。


ネガティブな感情って、やもすると蓋をしたり、見て見ぬふりをしたり、また人から嫌な目で見られるかもしれません。でも全ての感情に意味があって、必要なものであるなら、その感情をどう受け止め、どう意味づけするのか、そこに人の豊かさが現れるのだと思いました。


色々な意味づけを改めて考えてみます。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page