• 渡邊 優

この日記を書きはじめて早一年が経ちました。

あっという間だった気がします。正直私は日記を書くのが苦手です。なぜかと言うと、自分の心の中を曝け出すことに抵抗を感じているからです。それは、私の日記を他人が見た時に引かれるんじゃないか、ジャッジされないか、軽蔑されないか、そんな想いがあった為、苦しさを持ちながら書いていた時もありました。それはきっと、読者の方にも伝わっていたと思う。それでも続けてこれたのは、バレエの経験があったからです。あれほど嫌だったバレエ 。惨めな感情や情けなくなる思い、そんな感情を抱きながら毎回バレエに行きたくないと語りかけをしながら何とか続けたそのバレエが、今では一つの楽しみへと変化している経験です。嫌だ嫌だと思っていたものが楽しみへと変わる。その経験があったから、苦手だと思っているこの日記も続けてこれたのだと思います。


それは、やっぱり「強くなりたい」と言う魂の思いからだと思う。

それは虚勢や見た目の強さではなく、本当の強さ。

私の望む本当の強さは、自分自身を受け入れる強さ、理解できる強さ、支えられる強さ、勇気を持って行動できる強さ、打たれ強さ、覚悟や決意の強さ、そんな強さを身に付けたいからだと思うのです。

こういった目に見えない強さ得ていくには、まだまだ長い道のりがあると思います。その道のりの一つとしてこの日記を活用していこうと思っております。


皆様どうぞこれからも、長く暖かい目でこの日記を読んでやって下さい。

一年間ありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。



最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問