top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

そうか〜〜

一人か〜〜

一人になって実感する朝は、なんとも言えない焦燥感を感じました。

そして、昨日学んだことに、人は霊的に見て本来一人。

まだ体感として実感を持てませんが、これからワークなり、予習なりをして、自分の中に落とし込もうと思います。


そしてこれは私にとって、必要な哲学だと思います。

私は今年48歳という、アラフィフと呼ばれる世代になりますが、一人世帯が増えていく中で、一人は寂しい、孤独だ、一人の自分はダメだ、選ばれなかった人間なんだと自分を責めてしまう方もいると思う。実際私もそのように思いましたし、その気持ちも十分わかる。


しかし、一人ということの新たな哲学と、人は誰しもが一人だという真理を知った時、それが一つの救いとなり、自分を支える新たな指針にもなります。それは自分は何をしにここにきたのかという本来の目的を思い出し、そのために今何を学び、何を選んでいくのか。それを忘れずにいたいと思いました。


またご先祖様や、祖父祖母の顔を思い出し、皆んなから応援されているという暖かな気持ちを感じられたら、元々自分は一人ではなかったという感謝が生まれます。


そんな本質の学びと、感謝を忘れずに、二日目も行って参ります。


最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page