• 渡邊 優

バレエスタジオに通い始めて3年目となります。

通い始めの当初は、男性一人がめちゃくちゃ恥ずかしくて、嫌で嫌で仕方がなかった。

スタジオに行く車の中で、バレエに行きたくない!という語りかけを念仏のように唱えながら向かっていたのを思い出します。


しかしそんな私にも、舞台にチャレンジしませんか?

というお誘いを受ける機会が出て来ました。実はこれで2回目なのです。

事情があって舞台にチャレンジすることはできませんが、ありがたい限りです。

下手くそなのに・・・


苦手なこと、嫌いなことにチャレンジすることが、どれほど自分を成長させるのか。

この2年間で嫌というほど身に染みてわかりました。


嫌々オーラを出していたにも関わらず、(メチャしごかれて、体で解らせられましたが)ここまでしっかりと指導して下さり、次の目標も与えて下さいる先生方には感謝に尽きません。

舞台に上がることはできませんが、舞台に上がるつもりで、毎週のレッスンに励んでいきたいと思います。


本当はチャレンジしてみたい!

なぜなら、一皮も二皮も自分の殻を破って成長できるから。


最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。