top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

バレエスタジオに通い始めて3年目となります。

通い始めの当初は、男性一人がめちゃくちゃ恥ずかしくて、嫌で嫌で仕方がなかった。

スタジオに行く車の中で、バレエに行きたくない!という語りかけを念仏のように唱えながら向かっていたのを思い出します。


しかしそんな私にも、舞台にチャレンジしませんか?

というお誘いを受ける機会が出て来ました。実はこれで2回目なのです。

事情があって舞台にチャレンジすることはできませんが、ありがたい限りです。

下手くそなのに・・・


苦手なこと、嫌いなことにチャレンジすることが、どれほど自分を成長させるのか。

この2年間で嫌というほど身に染みてわかりました。


嫌々オーラを出していたにも関わらず、(メチャしごかれて、体で解らせられましたが)ここまでしっかりと指導して下さり、次の目標も与えて下さいる先生方には感謝に尽きません。

舞台に上がることはできませんが、舞台に上がるつもりで、毎週のレッスンに励んでいきたいと思います。


本当はチャレンジしてみたい!

なぜなら、一皮も二皮も自分の殻を破って成長できるから。


最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page