top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

茅ヶ崎に越してきて10年が経ちます。

元々自然が好きで、20代の頃辻堂に住んでいたこともあり、いずれは湘南に家を持ちたいと思っていたのです。そして早10年が過ぎ、当時のことを思い出していました。


当時の私が信じて執着していたのは、お金に権力、異性、力、そのような物質社会、それらが全てであり、そこを中心とするのが人の人生だと思っていました。またそれらを得るために躍起になっていたと思います。


そして今思うのは、そこを追ってもキリがないということです。

歳を追うごとに必要なものは少なくなっていきます。身体的にも沢山のものを抱えるだけの体力も気力もなくなります。それと同時に、精神的に満たされている感覚も強くなってきました。


10年前はもっともっとと色んなものを追い求め、内面的にも承認欲求として飢えていました。

そして今はもう十分という満足感すらあります。10年で随分変わるもんだと、自分を見ていてビックリします。しかし成長に対してはここで十分ではなく、いけるところまで行ってみたい、という思いがあります。そのためにも、自分を大切に扱える自分でありたい。そう10年目にして思うのでした。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


bottom of page