• 渡邊 優

現実の世界で、右に行くか、左に行くか、の選択肢があるように、この自己探究の世界を知るまでは、まさか自分の心にも選択肢があるとは思ってもみませんでした。


当初、その選択肢の話をいただいたとき、私の頭の中は????状態で、言っている意味が全く理解できずにその場を後にしたのを覚えています。


確かにこの心の選択肢があることを理解するのには時間がかかると思います。ですが、選択肢を新たに作り、新たなものを選択することにより、自分の人生が変わっていく、しかも楽な方に。という経験をするうちに、もうこれが手放せないものとなっていきます。


それは、お金持ちになるとか、結婚できるとかの変化ではなく、(付録としてそれらがついてくる)自分自身の精神状態が非常に楽でいられるというものです。


この選択をするのは他でもなく、本当の「私」であり、その選択肢の「幅」を作っていくのも本当の「私」です。

魂という目に見えない存在の本当の「私」に気づいていき、それを使って生きていく。

これこそが、ダイナミックでロマン溢れる人生なんだと思います。

囚われることのない、大らかで創造性溢れる人生を目指して今日も進む。



最新記事

すべて表示

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ