top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分に謙虚であること。

謙虚さって、他人に対してのことだとばかり思っていました。

腰が低くて、丁寧で、正直で、誰に対しても親切。こんな謙虚さが一般的だと思います。まあ、パターンの思う謙虚さですが・・・


そうではない、自分に対しての謙虚さ。

気づきがあったところでそれが全てだと思わない心持ちだったり。ただ今の自分に必要な気づきなだけと思えたり。まだまだ気づいていないパターンが沢山あるということを知ったり。まだまだ知らない領域があることを知ったり。そういった、現実の自分がまだまだ知らない、分かっていない存在だとちゃんと思えること。そんな自分に対しての謙虚さ。これを持ち合わせていきたい。


それは、先々自分の可能性を広げるものであったり、成長を促すものだと思う。


しかし、普段の生活の中で新たなパターンを見つけたり、そのパターンに引っ掛からなくなっていたりすると、ヨッシャ!なんて感じたりもしていました。それは特権意識だったのか、自己肯定感が欲しかっただけなのかもしれません。いずれにしても、パターンであったということ。


その時に必要なのが、上記での自分に対しての謙虚さ。

これをちゃんと持っていれば、よし次、よし次と、今の自分にあぐらをかくことなく、また少しづつ前に進めるのだと思う。そんな自分に対しての謙虚さを、改めて見つめてみたいと思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Komentáře


Komentáře byly vypnuty.
bottom of page