• 渡邊 優

自分に謙虚であること。

謙虚さって、他人に対してのことだとばかり思っていました。

腰が低くて、丁寧で、正直で、誰に対しても親切。こんな謙虚さが一般的だと思います。まあ、パターンの思う謙虚さですが・・・


そうではない、自分に対しての謙虚さ。

気づきがあったところでそれが全てだと思わない心持ちだったり。ただ今の自分に必要な気づきなだけと思えたり。まだまだ気づいていないパターンが沢山あるということを知ったり。まだまだ知らない領域があることを知ったり。そういった、現実の自分がまだまだ知らない、分かっていない存在だとちゃんと思えること。そんな自分に対しての謙虚さ。これを持ち合わせていきたい。


それは、先々自分の可能性を広げるものであったり、成長を促すものだと思う。


しかし、普段の生活の中で新たなパターンを見つけたり、そのパターンに引っ掛からなくなっていたりすると、ヨッシャ!なんて感じたりもしていました。それは特権意識だったのか、自己肯定感が欲しかっただけなのかもしれません。いずれにしても、パターンであったということ。


その時に必要なのが、上記での自分に対しての謙虚さ。

これをちゃんと持っていれば、よし次、よし次と、今の自分にあぐらをかくことなく、また少しづつ前に進めるのだと思う。そんな自分に対しての謙虚さを、改めて見つめてみたいと思いました。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側