top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今年も胡蝶蘭が開花!

胡蝶蘭を育て始めて今年で5年目となります。(三鉢あります)

育てるのが難しいと言われている胡蝶蘭ですが、週に一回の水やりだけでこうして毎年綺麗な花を咲かせてくれます。

植物は不思議なもので、「必ず」毎年同じ時期に花を咲かせて、毎年同じ時期に花を落とします。

自然の摂理なので当たり前のようですが、当たり前に当然に出来ることが素晴らしい。


きっと私の中にもこういう摂理のようなものはあり、それに背いて生きているときは苦しさや辛さを感じるのだと思います。

それが「私」として生きることから外れることであり、「私」の生き方というのはきっとこの宇宙の摂理に則った、正しい生き方のような気がします。


思えばパターンでの思考や行動ってそれだけで重さが生まれ、生きることへの辛さや苦しさを伴います。しかしこの胡蝶蘭のように、ごくごく素直に、自然にそこにいるだけで、その花で人々に安らぎを与えることもできるのだと思いました。


この胡蝶蘭のようにしっかりと根を張り、いつか綺麗な花を咲かせられるよう、今日も淡々と自分のやるべきことをやって行こうと思います。




最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page