top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「聞く耳を持つ」って、すごく大事なことだと思う。


特に「あれこれ言われたくない」というパターンを持つ私の場合は、この聞く耳を持つことを意識します。

その逆の聞く耳を持てない時は、自分の殻だけに閉じこもり、様々なことにに不信感や疑いを抱き、視野や考え方も偏って、頑固で意固地になりやすいです。

しかし、表裏一体としてある白パターン「聞く耳を持って強みに変えて行こう」は、本当に真逆で、随分と自分をライトな気分にさせてくれて、気楽さや前向きさという力を与えてくれます。


このあたりは心の状態だけに留まらず体まで軽くなり、具体的に体を動かしたくなったり、積極性や行動力もついてくるように思います。


この聞く耳を持つか持たないかで、こんなに変わってくるんですね。

また不思議な変化も生まれて来ました。聞く耳を持っていると、他人の短所ではなく、長所を見よう見ようとし始めます。

日本社会はどうしても減点法式の社会通念なので、他者の長所を見るという習慣がないのですが、この長所を見つけようとするんです。


これはありがたい副産物で、他者との関わり方も変わってくるように思います。

さ!聞く耳を持つぞ〜〜!




最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Kommentarer


bottom of page