top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「聞く耳を持つ」って、すごく大事なことだと思う。


特に「あれこれ言われたくない」というパターンを持つ私の場合は、この聞く耳を持つことを意識します。

その逆の聞く耳を持てない時は、自分の殻だけに閉じこもり、様々なことにに不信感や疑いを抱き、視野や考え方も偏って、頑固で意固地になりやすいです。

しかし、表裏一体としてある白パターン「聞く耳を持って強みに変えて行こう」は、本当に真逆で、随分と自分をライトな気分にさせてくれて、気楽さや前向きさという力を与えてくれます。


このあたりは心の状態だけに留まらず体まで軽くなり、具体的に体を動かしたくなったり、積極性や行動力もついてくるように思います。


この聞く耳を持つか持たないかで、こんなに変わってくるんですね。

また不思議な変化も生まれて来ました。聞く耳を持っていると、他人の短所ではなく、長所を見よう見ようとし始めます。

日本社会はどうしても減点法式の社会通念なので、他者の長所を見るという習慣がないのですが、この長所を見つけようとするんです。


これはありがたい副産物で、他者との関わり方も変わってくるように思います。

さ!聞く耳を持つぞ〜〜!




最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page