• 渡邊 優

「聞く耳を持つ」って、すごく大事なことだと思う。


特に「あれこれ言われたくない」というパターンを持つ私の場合は、この聞く耳を持つことを意識します。

その逆の聞く耳を持てない時は、自分の殻だけに閉じこもり、様々なことにに不信感や疑いを抱き、視野や考え方も偏って、頑固で意固地になりやすいです。

しかし、表裏一体としてある白パターン「聞く耳を持って強みに変えて行こう」は、本当に真逆で、随分と自分をライトな気分にさせてくれて、気楽さや前向きさという力を与えてくれます。


このあたりは心の状態だけに留まらず体まで軽くなり、具体的に体を動かしたくなったり、積極性や行動力もついてくるように思います。


この聞く耳を持つか持たないかで、こんなに変わってくるんですね。

また不思議な変化も生まれて来ました。聞く耳を持っていると、他人の短所ではなく、長所を見よう見ようとし始めます。

日本社会はどうしても減点法式の社会通念なので、他者の長所を見るという習慣がないのですが、この長所を見つけようとするんです。


これはありがたい副産物で、他者との関わり方も変わってくるように思います。

さ!聞く耳を持つぞ〜〜!




最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で