top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は岩手の道場仲間のMさんと茅ヶ崎のMさんの3名でディナーに行ってきました。

岩手のMさんとの食事は今まで何回かありますが、毎回腹を抱えて笑う状態に陥ります。これはもう、Mさんの持つユニークさや話やすさ、そういったものが科学反応を起こして、辛く大変なことでも笑いに変えられるセンスがあるからだと思います。


またお笑いだけではない私のシリアスな話題になり、今向き合っているパターンや最近の出来事を包み隠さず話した時、そのままを受け止めてくださるMさんがそこにいました。普段ではあまりパターンのことまで言及することはないのですが、そこは同じ学びをしている仲間、パターンに対する理解や共感は早く、自分と向き合っているもの同士、どこか共通するところがあるのだと思います。それが通常とは違った関係性が生まれるのだと思いました。自分を見て学んでいるもの同士ですね。


たまにはこうしてバカ笑いをし、本音を語らうのもいいものです。

そこにはジャッジや差別がなく、安心して自分のことを話せる安心感があります。

このような少し変わった繋がりもいいものです。


最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


bottom of page