top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日のバレエレッスンでは、いつもの先生が休みとなり、代行で新たな先生がやってきました。

久しぶりに違う先生から習うバレエは新鮮でもあり、緊張しました。そして、しんどかった・・・

基礎練がとにかくゆっくりで、筋肉にジワ〜〜っと効くのです。

しかし、違う視点からの指導は新たな発見もあり非常に身になる内容でした。

これは新たな発見で、今までえらく難しいと思っていたものがすんなりコツを身につけられる、そんな錯覚に陥るのです。

それは良い悪いではなく、バレエが上手い下手でもなく、全く違う能力、言語化する能力に長けているように思いました。


しかし指導者の見ている先は同じで、ここにバレエに対する愛情を感じます。

その愛情の最たるものが、バレエに対して頭を垂れている。バレエには絶対に逆らわない。そんな絶対的なものを、バレエに対して指導者は持っているように思います。ガチな感じで。


きっと一生涯をかけられるほどのものが、バレエにはあるんだと思います。

そこに、私たちがやっている自己探究という魂の成長に共通のものを感じました。

そんな新たな奥深さを体験できた良いレッスンでした。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page