• 渡邊 優

朝起きた時に、あれ?何だか昨日とは違う自分だ・・・

私にはそう思う時が時々あります。特に前の晩にワークをやった時などはその感覚が顕著で、自分でも驚くほどスッキリしている状態があります。

そのスッキリさは何物にも囚われていない「素の自分」そんな状態です。


当初は自分が楽になるために始めたワークでした。夜も何かを考え、その考えに囚われ、自分の正しさや正義を証明したい、自分が負けないように、傷つかないように、誰かに嫌われないように、孤立しないように、悪い評価をされないように、そんな不安や恐れが元になった考えに囚われていたと思います。


そして実際楽にもなったし、以前よりも人間関係がスムーズになったと思います。

しかしもう一段上を目指すとなったとき、意識的に自分を前に進めたい、引き上げたい、そう思ったとき、前回のセミナーの内容を思い出しました。

それが「ワークは神聖なる状態に進めるチャンスである」ということです。

以前の苦しさからの脱出から、神聖さを求めるということにすごく魅力を感じます。きっと本来の「私」がしたかったことなのだと思います。


少し意識を変えて、取り組んで見ようと思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。