• 渡邊 優

昨日は、茅ヶ崎グループ年内最後の勉強会でした。

年内最後に相応しく、最後はファシリテーターのMさんの提案のもと、この一年を振り返ってどうであったか。一人ひとり感想を述べました。

それぞれが自分の課題に取組み、別々の道を歩き出しているという印象を受けました。

当然といえば当然なのですが、グループという性質上、他人を意識するという場面も多分にあったと思いますし、そういう時期も必要だったように思います。

その時期を経て個々の個性を理解し、受け入れる幅が広がったのも、この一年の特徴に感じました。


私個人としましても、色々と挑戦した一年ではありましたが、毎日本を読み、こうして日記を書く。

読書をすることにより、知の力という物事へ対する理解力を感じますし、それは頭がよくなるとか、情報や知識が蓄積されることではなく、事実をどのように認識するか。

それをどうやって自分の人生に役立てていくのか、というところに繋がっていくのだと思います。


年内最後の勉強会は非常に身のある勉強会になり、グループの仲間たちには大変感謝しております。

残り約三週間、最後まで気を引き締めてしっかりと自分を観察し、最後まで自分を引っ張っていく所存です。


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。



最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com