top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は、茅ヶ崎グループ年内最後の勉強会でした。

年内最後に相応しく、最後はファシリテーターのMさんの提案のもと、この一年を振り返ってどうであったか。一人ひとり感想を述べました。

それぞれが自分の課題に取組み、別々の道を歩き出しているという印象を受けました。

当然といえば当然なのですが、グループという性質上、他人を意識するという場面も多分にあったと思いますし、そういう時期も必要だったように思います。

その時期を経て個々の個性を理解し、受け入れる幅が広がったのも、この一年の特徴に感じました。


私個人としましても、色々と挑戦した一年ではありましたが、毎日本を読み、こうして日記を書く。

読書をすることにより、知の力という物事へ対する理解力を感じますし、それは頭がよくなるとか、情報や知識が蓄積されることではなく、事実をどのように認識するか。

それをどうやって自分の人生に役立てていくのか、というところに繋がっていくのだと思います。


年内最後の勉強会は非常に身のある勉強会になり、グループの仲間たちには大変感謝しております。

残り約三週間、最後まで気を引き締めてしっかりと自分を観察し、最後まで自分を引っ張っていく所存です。


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page