top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は、茅ヶ崎グループ年内最後の勉強会でした。

年内最後に相応しく、最後はファシリテーターのMさんの提案のもと、この一年を振り返ってどうであったか。一人ひとり感想を述べました。

それぞれが自分の課題に取組み、別々の道を歩き出しているという印象を受けました。

当然といえば当然なのですが、グループという性質上、他人を意識するという場面も多分にあったと思いますし、そういう時期も必要だったように思います。

その時期を経て個々の個性を理解し、受け入れる幅が広がったのも、この一年の特徴に感じました。


私個人としましても、色々と挑戦した一年ではありましたが、毎日本を読み、こうして日記を書く。

読書をすることにより、知の力という物事へ対する理解力を感じますし、それは頭がよくなるとか、情報や知識が蓄積されることではなく、事実をどのように認識するか。

それをどうやって自分の人生に役立てていくのか、というところに繋がっていくのだと思います。


年内最後の勉強会は非常に身のある勉強会になり、グループの仲間たちには大変感謝しております。

残り約三週間、最後まで気を引き締めてしっかりと自分を観察し、最後まで自分を引っ張っていく所存です。


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。



最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page