top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は道場仲間のバレエ発表会へと行ってきました。

2度目の挑戦ということもあってか、前回よりもどこかリラックスしていて楽しそうにしている仲間を見て、いやはやすごいな〜と思いました。


この歳になってから始めるバレエも大変なことなのに、発表会とは!練習量に時間、そして騒ぐパターンをケアしながら発表会のためへの努力、それを知って観る仲間の発表会はどこか手に汗を握りながら、ハラハラ、ドキドキしていました。


そして自分と照らし合わせた時、自分にはできないな〜とつくづく感じたのです。

発表会に出る勇気(恥ずかしくてむり)、またバレエにかける情熱、想い、全てにおいて自分は不足していると実感したのです。そんな仲間の頑張りを見ながら自分を振り返っていました。真似はできないけれどそのままでいこうと。ただ、自分が頑張りたいと思うことは諦めずに粘り強くやっていこう。


仲間の頑張りを見ながら、そんな決意を新たにするのでした。


Mさん、2度目の挑戦、本当にお疲れ様でした。

感動をありがとうございます。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page