top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は母の手術の日ということもあり、父親が一人で家にいるので顔を出してきました。

息子と父親二人だけという、こんな機会も滅多にないので、親子で居酒屋に飲みに行ってきました。

初めてだったんじゃないかな、父親と飲みにいくのは。兄貴とも行ったことないと言っていました。

息子と飲むお酒はよほど嬉しかったらしく、酒がうまい酒がうまいと言って何杯もおかわりをしていました。


父親はその父親、おじいちゃんの話をしていました。そのおじいちゃんは私が一歳の時に亡くなっていて、私の中での記憶が全くないので、どんなおじいちゃんだったのか興味もありました。

そのおじいちゃんは炭鉱夫で、胴や鉄を鉱山に入ってとるのが仕事だったようです。それで生計を立てて4人の子供を育てたと。そのおじいちゃんとはよく喧嘩をしていたようです。随分と酷いことを言ったと父親も後悔していて、今でも墓前の前では必ず謝っていると言っていました。自分の口からは言えないくらい酷いことだと。


他にも最近会っていない叔父さんの話や、叔母さんの話など話題は尽きず、父親からもう一件いこうと誘われ、結局居酒屋を2件ハシゴして帰ってきました。


そして今朝のお祈りではそのおじいちゃんに、父親の近況を伝えました。

そして父親には、お爺ちゃんにはもうとっくに許されていると思うよ。と伝えておきました。

父親は笑っていました。


こんな風に二人で飲みに行けるようになって本当によかったと思う。

父親と息子が衝突して確執が生まれるのはよくある話で、それっきり、なんて話も聞きます。

でも本当は、本当の私のところでは、こうありたいと思っていたのだと思う。


これからはちょくちょくと二人で飲みに行こうと思う男子会でした。


最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page