• 渡邊 優

昨日は母の手術の日ということもあり、父親が一人で家にいるので顔を出してきました。

息子と父親二人だけという、こんな機会も滅多にないので、親子で居酒屋に飲みに行ってきました。

初めてだったんじゃないかな、父親と飲みにいくのは。兄貴とも行ったことないと言っていました。

息子と飲むお酒はよほど嬉しかったらしく、酒がうまい酒がうまいと言って何杯もおかわりをしていました。


父親はその父親、おじいちゃんの話をしていました。そのおじいちゃんは私が一歳の時に亡くなっていて、私の中での記憶が全くないので、どんなおじいちゃんだったのか興味もありました。

そのおじいちゃんは炭鉱夫で、胴や鉄を鉱山に入ってとるのが仕事だったようです。それで生計を立てて4人の子供を育てたと。そのおじいちゃんとはよく喧嘩をしていたようです。随分と酷いことを言ったと父親も後悔していて、今でも墓前の前では必ず謝っていると言っていました。自分の口からは言えないくらい酷いことだと。


他にも最近会っていない叔父さんの話や、叔母さんの話など話題は尽きず、父親からもう一件いこうと誘われ、結局居酒屋を2件ハシゴして帰ってきました。


そして今朝のお祈りではそのおじいちゃんに、父親の近況を伝えました。

そして父親には、お爺ちゃんにはもうとっくに許されていると思うよ。と伝えておきました。

父親は笑っていました。


こんな風に二人で飲みに行けるようになって本当によかったと思う。

父親と息子が衝突して確執が生まれるのはよくある話で、それっきり、なんて話も聞きます。

でも本当は、本当の私のところでは、こうありたいと思っていたのだと思う。


これからはちょくちょくと二人で飲みに行こうと思う男子会でした。


最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が