• 渡邊 優

著 稲盛和夫「生き方」を読みました。

この方の本は感動するな〜。

前回読んだ「心」も良かったですが、この生き方という本もいい。

重複している部分は多分にあり、心を磨けと口酸っぱく言われている気がするのですが、重さがなく、魂に訴えかける何かがあります。

それほど今の私に必要な言葉が書かれているのだと思います。


こと魂の話になると、「俗世でいくら出世しようが、事業が成功しようが、一生かかっても使いきれないほどの富を築こうが、心を高めることの大切さに比せば、一切は塵芥のごとき些細なものでしかないのです。宇宙の意思が意図し定めた、人間という生命が最終的にめざすべきものは、ただ心の練磨にあり、その魂の修行、試練の場として、私たちの人生が与えられているということなのです」

と、ハッキリ言っています。


著者自身、これほどの富と成功を築いても、一切の奢りがなく、常に魂を練磨し続けているというところが、この方の素晴らしい人格が伺えて尊敬します。

また、著者はこのようなことも言っています。

「人間というものは煩悩から離れることはできない。私を含め、人間とはそれほど愚かで不完全な存在なのです。しかし、それはそれでいいのです。正しくあろうと心の練磨に務めること、それ自体が尊いのです。宇宙の意思は、何事かをなした人を愛するのではなく、何事かをなそうと努める人を愛するのです」なんだか勇気が湧いてきます。


そして成長とは、嫌なことや問題がなくなったりすることではなく、覚悟だったり、受け止める力がつくことだったり、塵や埃と一緒にいられることだと、この本と昨日の出来事から学びました。


著者のところまで行くには今回の人生では正直足りないと思います。

あと2〜3回必要かも。

しかし、そうあろうと努めることは、忘れたくないものです。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で