• 渡邊 優

最近、正直に自分の気持ちを伝える、ということを意識しています。

それは、嫌なものは嫌だとか、苦手ですとか、自分は違うと思いますとか、そういったことを相手にちゃんと伝えるということを意識しています。そうすると相手がパターンに引っかかって怒る時もあれば、ちゃんと伝わる時もある。先日もそんな一幕がありました。


ユニクロでチノパンを買い、丈詰めをお願いしたのですが、裾が糸で重なってヨレヨレガチャガチャになってしまい、明らかに失敗、という状態でした。そのことを店員さんに指摘してやり直しをお願いすると、こういうものだから仕方がないという回答でした。当然私はカチンときたのですが、素人目で見ても明らかに失敗だったので「流石にこれは誰が見てもわかるいでしょ。忙しいのはわかるけど、仕事や対応を雑にしてはダメだよ。失敗や間違いは人間だから誰にでもあるけど、大事なことはその後の対応だよ」ということを伝えました。店員さんは腑に落ちたらしく、すいません、やり直しますと言って、納得してやり直しをしてもらいました。


こういったことを、私も、店員さんも同時に学んでいるのだと思います。

私は私で、ちゃんと伝えるという課題。店員さんも店員さんで、仕事とはについて学んでいるのだと思う。


正直に伝えるというのは勇気が必要で、キチンと相手のことを考えながら伝えられる時もあれば、そうできない時もある。それは当然理解されなかったり、誤解されたり、時には逆ギレされる時もあると思います。

しかし、本来の正直さというものの中には、自他を尊重するということが含まれているのだと思いました。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価