top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近、正直に自分の気持ちを伝える、ということを意識しています。

それは、嫌なものは嫌だとか、苦手ですとか、自分は違うと思いますとか、そういったことを相手にちゃんと伝えるということを意識しています。そうすると相手がパターンに引っかかって怒る時もあれば、ちゃんと伝わる時もある。先日もそんな一幕がありました。


ユニクロでチノパンを買い、丈詰めをお願いしたのですが、裾が糸で重なってヨレヨレガチャガチャになってしまい、明らかに失敗、という状態でした。そのことを店員さんに指摘してやり直しをお願いすると、こういうものだから仕方がないという回答でした。当然私はカチンときたのですが、素人目で見ても明らかに失敗だったので「流石にこれは誰が見てもわかるいでしょ。忙しいのはわかるけど、仕事や対応を雑にしてはダメだよ。失敗や間違いは人間だから誰にでもあるけど、大事なことはその後の対応だよ」ということを伝えました。店員さんは腑に落ちたらしく、すいません、やり直しますと言って、納得してやり直しをしてもらいました。


こういったことを、私も、店員さんも同時に学んでいるのだと思います。

私は私で、ちゃんと伝えるという課題。店員さんも店員さんで、仕事とはについて学んでいるのだと思う。


正直に伝えるというのは勇気が必要で、キチンと相手のことを考えながら伝えられる時もあれば、そうできない時もある。それは当然理解されなかったり、誤解されたり、時には逆ギレされる時もあると思います。

しかし、本来の正直さというものの中には、自他を尊重するということが含まれているのだと思いました。

最新記事

すべて表示

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page