top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、この土地の氏神様の元に初詣に行って参りました。

その神社にいつもは御神籤は置いていないのですが、珍しくあったので引かせて頂きました。

「心を込めて引くように」と、御神籤の箱にそう書かれていたので、思いっきり心を込めて引かせていただいたのです。

いつも思うことですが、御神籤から頂く神様の言葉には大変驚かされます。「え??どこかで見てる?もしかして全部知ってる??」と。それほど今の私にぴったりの言葉や指針を授けてくれるからです。迷いがあれば指針を、誰にも言っていない邪な思いがあればそのものズバリ注意を。そんな感じで、新年早々ありがたいお言葉を頂きました。今年は、本当の「私」の望む道をしっかり見据えて、軽やかに歩んでいこうと思います。



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page