top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、昔の自分の顔を写真で見ていました。

ギラギラしている・・・獲物を見るような目で、キツイ感じが印象的でした。

メッチャイキっているんだと思います。舐められないよう、馬鹿にされないよう、見下されないよう、低く見られないよう、精一杯の去勢を張って、自分を大きく見せていたのだと思います。


人って不思議です。

目に、顔に、自分の内側が出てきます。

不満を持っていたら不満そうな顔が、ビビっていたらビビった顔が、負けたくない顔が、不安そうな顔が、去勢を張っている顔が、その時の自分の持っている強いパターンが前面に出てきている、そんな印象を持ちます。


この学びをしていて思うのが、皆さんがどんどん綺麗になっていくことです。

内側から出てくる、穏やかさや健やかさ、清々しさ、芯の強さ、優しさ、それらが目や顔に現れて、綺麗の質がドンドン変わっていきます。見た目以上の美しさです。


そう考えると私も、随分と変わったのだなと思いました。

皆さんと同じように、良い歳の取り方をしていきたい、そう思うこの頃。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page