top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

慣れることは大事だと思います。特に今までやってこなかったことや初めてのことには、その行為に慣れることは大事だと思います。


今となっては、自分を見て、パターンを見つけ、語りかけるという行為は私にはもう既に当たり前となっていますが、始めた頃はパターンも分からずに手探りでやっていたのを覚えています。そして数をこなすうちに少しづつ自分を見ることにも慣れて、ワークをする意味も理解も数をこなすごとに深まり、そして慣れてきました。それはパターンは悪ではないということも、あって当たり前ということにも慣れという習慣が助けてくれたようにも思います。


とにかくやる、やり続けるという「継続は力なり」がいい意味での慣れを作ってくれました。もちろん悪い習慣の慣れもありますが、良い習慣の慣れはそのその人の人となりを支えてくれるとバックボーンになると思います。


だから、慣れるまでやってみるといいかも。

それが自分を救う一番の近道だと思います。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page